新着記事
2008年12月04日

欧州中央銀行(ECB)政策金利発表2008.12

欧州中央銀行(ECB)政策金利発表速報

前回値  3.25%
予想    2.75%に引き下げ

実際:政策金利を3.25%から0.75%引き下げて2.50%にすることを決めたと発表。市場の予想よりも利下げ幅が大きかったものの、0.75%予想が本日ささやかれていたため。既に市場は折込済み。

さらに、限界貸出金利を3.75%から3.00%に引き下げると発表。

本日夕方に、スウェーデンのリクスバンク(中央銀行)は4日、政策金利を1.75%引き下げて2.00%したことで、市場では1%あると折込直しをしていたため、膠着状態。安心売りはみられていない。




参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
posted by たつや at 21:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替情報ニュース

英中銀金融政策委員会 政策金利発表(2008/12)

英中銀金融政策委員会 政策金利発表

前回  3.00%
予想  2.00%に引き下げ

結果:市場予想どおり、1%引き下げて、2.0%にすると発表。

21:45からはユーロの出番。
このため、現在では、市場は大きく反応していない。

21:10追記
 市場予想だったことで、ポンドがドルに対し買戻しのショートカバーが入り、1.4630を回復。
 対円では、135円中盤でもみ合い、指標前より1円円安となったが、反応も限定的。
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
posted by たつや at 21:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替情報ニュース
2008年10月09日

ドル円100円割れ&NYダウ続落

世界同時利下げ協調でもやはり、NYダウはUPにならなかった。
目先感は幾分改善したものの、いまだに下げ止まりはしていない模様で、平均株がどこまで下がるのだろうという点に焦点が向いている投資家も多いが、

Wバフェットを代表する、先見の目がある投資家は、いまがバリューと日本銘柄株に触手を伸ばし始めたらしい。

私も、株ならお勧めなのが、ソニー、パナソニックだろうと思います。
為替なら断然豪ドル円。
ぶっちゃけ、過熱感で安くなり過ぎです。
買いごろサインはとうに過ぎていますが、65円以下で買うのが妥当で、最低2年は貯金して置くのが効果的だとは思いますが、この方法はたっぷり証拠金をつまないと駄目なわけで、、

私としてはやはり、秒〜分単位で刻んでいく以外手段が無いというのが寂しいところですね。まぁ庶民ですし、おこずかいならこれで十分です。

いずれにせよ、本日も円高になるともいえます。
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
posted by たつや at 07:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替情報ニュース
2008年10月08日

円高ベース鈍化

NY株が9500ドルを下回り、一時日経平均も1万円を割りこんできた状況ですが、円高ベースが幾分緩和されてきました。

実際にはパニック売りが乱発したことによる、円高過ぎのモードでしたので、ショートカバーや市場ドル不足による買戻しにより底値が硬い状況でドル円は100円を切れないという状況であります。

特に、クロス円も底堅く、底打ちしたのか?と思わせるムードですが、実際には違うともいえる状況です。
続きを読む
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
posted by たつや at 07:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替情報ニュース
2008年07月09日

NY株反発を向かえ

 昨晩NY米株価(ダウ工業株30種平均は反発。終値は前日比152ドル25セント高の1万1384ドル21セント)の持ち直しなどで円売り・ドル買いの圧力がかかりやすい模様でもある半面、中長期的な米景気やドルの回復見通しが描ける状況にもない現段階では、ドル円108円の壁は遠い。

 今日も、天気は荒れ模様だが、為替市場も激しく売買が予想されます。開催中の主要国首脳会議(洞爺湖サミット)はきょうが最終日です。

 
続きを読む
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
posted by たつや at 07:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替情報ニュース
2008年06月27日

NY株暴落&ドル安

FOMCの政策金利後に声明があったとおり、米金利は当分上がらないという悲壮感や、ユーロは利上げ期待があるという反目もあり、NY株市場は300ドル以上の大幅な下落。

原油価格も多大な在庫量があったにもかかわらず、ついに140ドル代を見てしまいました。

当然為替にも影響があり、ドルが大きく売られ、ユーロドルは1.5750付近まで移行しました。

ドル円ベースでは、109円から一気に106.95円まで円高になり、それにつられリスク回避もあって、豪ドル102.20円、NZドル円80.80円です。

肝心のユーロ円ですが、169.40円という史上最高価格を記録したのち、一気に調整と重なり、一時期168.05円まで調整がはいり、現在は168.50円で小康状態です。

そこで、今後の為替予測ですが、金曜日&指標がまたくさい。続きを読む
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
posted by たつや at 07:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替情報ニュース
2008年06月23日

サウジ原油増産で原油高ストップか

最近の原油高は皆様の知るところで、環境サミット後にでも1バレル140ドル台になりそうな勢いなのですが、ちょっと明るいニュースもあります。

サウジが原油生産量を上げるかもしれないというニュースです。

ヤフーニュースで配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080622-00000076-mai-bus_all

経済学的にいけば、高く売るのは鉄則ですので、今原油を売らないのは損だと考える貴族は多いようですが、裏には米との兼ね合いもあったりなかったりとします。

当然原油高にストップがかかれば、経済も持ち直すと予想され、

さらに円安が加速するものと考えられます。
なので、続きを読む
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
posted by たつや at 07:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替情報ニュース
2007年10月25日

9月の米耐久財受注額前月比1.7%減少で

 米商務省が25日日本時間で9:30分に発表した9月の米耐久財受注額(季節調整済みで半導体は除く)は前月比1.7%減少、市場予想平均の前月比1.5%増に反して減少した。
 変動の大きい輸送関連を除いた受注額は前月比で0.3%増加し、市場予想平均の前月比0.7%増を下回った。

このことから一時は円買戻しかと思われたが、その直前に円売りドル売りの利益確定の戻しが行われたことから、下げは限定的にとどまり。

その窓を埋める結果になり、結局は23:00に発表される新規一戸建て住宅数の数を確認するという流れになりそうです。

現在はレンジ相場に移行していますので、15pips程度のブレで手固く稼げそうな気配が濃厚です。

ということは、

続きを読む
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
posted by たつや at 21:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替情報ニュース
2007年10月22日

日本株安一時550円オーバーだが

日本株安一時550円オーバーだったが、その後若干おされ、結局は、400円程度下げで落ち着いた。

また肝心の為替市場だが早朝のオセアニアを皮ギリに円高更新したが、株安は既に市場に織り込み済みでパニック的な円買いは見られなかった。

また、逆に、ドル仲買関係のドル不足からドルが買われる場面や、ユーロドル高があり、利益確定のドル買いが進み、ドル高の場面もありました。
が、そんなの関係ねぇとばかりに、ユーロ贅参加後は仕掛け的な円売りが押し出され、114円台を回復、NZドル円も一時85.6円台を回復し、ジレンマラインに触発まではいったのだが、

ブログランキング続きを読む
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
posted by たつや at 18:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替情報ニュース

G7後の大手銀行決済の行方は

G7前後に、米大手銀行と証券の計8社の今年第3四半期決算が出そろうわけだが、これが全ての悪循環のきっかけになるだろう。

この8社すべてが、低所得者向け住宅融資「サブプライムローン」の焦げ付き急増に関連した損失を抱え、その合計額は、182億ドル(約2兆748億円)に達したとヤフーでもニュースになるくらい、市場のショックはデカイということだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071021-00000512-yom-bus_all

ranking続きを読む
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
posted by たつや at 08:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替情報ニュース
2007年10月21日

G7明けの今後の予想(為替情報) G7 G7の結果と今後の為替予測

G7が終始和やかに終了しましたが、やはり問題になったのは、サブプライム問題。

G7でさえ議論されるのだから、相当にサブプライム問題が根深いということを意味しています。
NYダウも一気に下落し、8月9日以来の大幅な下落になっており、為替市場もリスク回避の動きが大きく見られます。

特に、米ドルは他国から安すぎると懸念されたこと、サブプライムの激震地である点から全くさえない状況になっています。
その結果円高(というよりキャリートレードの巻き戻し)が8月9日以来行われ、現在114円前半ですが、115円のサポートを割ったので、以前のような113-115のレンジ相場に以降したかもしれません。

ただし、月曜日に日経平均が大幅に下落してくると、、、
ranking続きを読む
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
posted by たつや at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替情報ニュース
2007年10月19日

G7関係スケジュール

G7関係スケジュールと予想


FXに大きく関係してくるので、要注意ですが、肝心の箇所は取引時間外と結構微妙。

月曜日、空けたらどうなるかが恐ろしいところでもあるが、今回のG7では過激な発言はなく、恐らくサブプライムローン問題収束に向けての議論と確認が主体になるのではと思われる。


G7関係スケジュール



10月19日(金)
21:00 ゴンザレス欧州中銀専務理事講演
21:30 ドイツの財務相と中銀総裁が会見
23:00 バーナンキFRB議長パネル討論会に出席
02:15 G7会合スタート(予定)
02:30 シュタルクECB理事講演
08:00 ポールソン米財務長官会見(G7総括)

10月21日(日)
04:00 トリシエECB総裁講演(ワシントンにて)

と、注目はG7会合スタートの2:15と、08:00 ポールソン米財務長官会見(G7総括)が、既に08:00 ポールソン米財務長官会見(G7総括)は日本ではFXの取引時間外(5:55まで)になるため、結果と為替への影響は月曜日7:00からのお楽しみになる。

G7の傾向


本命はサブプライムローン問題
ユーロ高はさほど論議にはならず、強いドルが良いという発言にとどまるのでは。
円キャリー取引は恐らく問題定義されるはず。
円相場は116円-117円が理想的なので、円相場については論議されないが、誘導金利については、論議されることになる。

つまり、G7ではさほど方向性は変わらないというのがオチで、その結果を踏まえ、調整が入っていた為替動向が開放され、円安になると思われる。
が、レンジ的には115-117円だろう。下は底固めが出来てしまっているので、一方的な円高にはならない模様。

現在のオススメ為替


ポンドドルが、2.400オーバーといかにもオーバーシュート。
売りから入り、2.20抜けで利益確定がオススメ。
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
posted by たつや at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替情報ニュース
キャッシング