新着記事
2008年10月19日

南アフリカの食糧事情

南アフリカが最近では食料事情で非常に最新的な先進国となっています。

南アフリカの主食は、とうもろこしですが、南アフリカでは食料不足を背景に、アメリカと共同で開発した、遺伝子改良のとうもろこしが先進的に栽培され、その成果が顕著に出てきました

世界的に見ても主食を遺伝子組み変えを導入するのは珍しいです。

続きを読む
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
2008年06月18日

南アフリカ小売売上高(4月)

南アフリカ統計局が18日発表した4月の南アフリカ小売売上高は前年同月比0.3%減(市場予想平均は1.8%増)と意外な数字がでた。

南アフリカは意外な経済指数を発表するのだが、今回は特に意外。

この数字をみて、前回の南アフリカランドの政策金利が0.5%増という結果なのもうなずける。

減ということは、個人消費が減ってきたという証でもある。

南アフリカランドの景気低迷はしばらく続くかもしれません。

南アフリカランドといえば、ワールドカップなのですが、ワールドカップといえば、フランスが予選敗退し、ワールドカップに出場できなくなったようです。先日、ブラジルが予選で負けたこともあり、次回の南アフリカ大会は、大波乱の展開かもしれませんね。
まぁこちらは、スポーツなので、見ている分には面白いですが、、、
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
2008年06月17日

南アフリカランド政策金利引き上げについて

南アフリカランド政策金利引き上げについて語る。

南アフリカランドが2%利上げを臭わせていただけに、0.5%の利上げにとどまったのは、やはり裏があるように思えます。

手前の2.0%がフェイクであるという説もありますが、わざわざ南アフリカがこのような面倒な手段を執るとは思えません。

そこで、いままでの憶測ではなく、ちょっとその真実はいかにを調べてみましたのでお知らせします。
(必ずしも、絶対ではないという情報ですので、ご注意ください)

続きを読む
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
2008年06月05日

南アフリカランドの近況6月版

南アフリカランドに関して言えば、明るい材料はワールドカップくらいしかないのが現状で、米、英の金融機関&投資家に踊らされているような市場となっています。
(まぁ昔からこの国は英の影響がでかいですから)

現在までのニュース
続きを読む
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
2008年04月06日

南アフリカランドの最近近状

久しぶりの更新ですいません。リアルな本職の方が非常に忙しく毎日夜12時になってしまうなど、不当な労働を強いられていました。。

為替王を夢見てこつこつがんばって脱サラを夢見ちゃいます。

ところで、南アフリカランドですが一時期物凄いことになりました。
が返って今後の動向がはっきりとしたといっても過言ではないです。


続きを読む
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
2008年02月28日

南アフリカランド祭り終了

南アフリカランド祭り終了のようです。
つまり買いごろのバーゲンセールは一旦終了を見ました。

一時期、南アフリカランドは暗いニュースなどにより、13.5円ランド付近にいくなど低迷し、どうなるのか〜tってネット&ブログでも大混乱していたようですが、

なんとか14.2円台に回復し、下の雲ががっちりホールドされているようです。

理由としては、GPD速報値が予想よりも高かったことと、米ドルの失速からくる、反動です。
そもそも安すぎたというもの理由なのですが、リスク志向の高まりから来ている安定感がみなぎってきたということでしょう。

個人的には16円まで回復してほしいなぁと。。。
豪ドルも100円越えたし、、と、、

しかし、このまま流れに乗れるとは行かないのが、南アフリカランドの荒さでしょう。急激な反動は、利益食いにも注意が必要です。
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
2008年02月07日

南アフリカランドが買い頃な理由

南アフリカランドは現在13.5円付近ですが、これはチャンスと再三私はいってきました。

それにはキチンとした理由があります。

まず、FXですが、私的には長期運用が原則だと思います。
短期はあくまでも投資です。

FXの最大の魅力はなんといっても、少ない資産を数十倍の取引をするという点とスワップ金利の配当という点につきます。

そこで、分かりやすく説明するために、余剰自己資金50万円が貯金通帳で眠っている場合(ボーナスが手付かず)や、たんすに入れっぱなしだった。という場合でリスクなども含めて説明します。

当然、長期保有の場合で。
続きを読む
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
2008年02月06日

南アフリカランド底値爆走中

サブプライムローン問題から一気に米景気後退(リセッション)までいってしまった2008年ですが、長期的にみれば、現在チャンスです。
(あくまでも長期です)
続きを読む
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
2008年01月29日

南アフリカランドが買いごろに

高金利通貨筆頭の南アフリカランドですが、最近の株安、円高基調をうけて、買い頃になっています。

14.7-8なので、相当に良い底値付近になっており、中期で16.5リターンもありそうな感じです。

そもそも南アフリカランドはかなり特殊なんで、続きを読む
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
2006年11月17日

ドル/ZAR(ランド)も峠越す

昨日、南アフリカランド・円は、16.5に迫りましたが調整売り&ドル買いの影響で、16.3に下落しています。

しかし、じんわりと16.5に戻ると予想されます。
理由は、ドル/ZAR(通称ドルザル)がひとつの節目を抜け、今後下落ムードだらです。(6/23の抵抗線を上抜けたため)

1つの目標ラインである16.5を突破すれば、次はようやく17円台です。
そのパワーを見れるのは12月の利上げです。私はそこで、短期スィング用のランドを一気に売り決算する予定です。

平均保持ラインは15.3なので、+2円10枚を目標としていきたいです。
つまり、40万円ですね。

50万円でどこまで増やせるかですが、このトライアルが成功すれば、半年で約倍の投資に成功したことになります。

当面の目標であった、100万円を突破しそうです。
さてさてどうなることやら、良い年末がこたつで送れればいいなぁと思う次第であります。

ブログランキング4位の大御所はどうみているか

PS
 株ですが、久々にチャレンジ。
 ダスキンがIPO株で2000円/株−最低100で抽選予約をしています。
 とりあえず、2本いっとこうかなぁと、クリスマスプレゼントになればいいんですけどね。


参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
2006年11月08日

南アフリカランドようやく16円台

南アフリカの10月景気感指数が発表されました。

9月に発表された景気感度指数よりもかなり改善したなぁとう感もある数字がだされました。

南ア・10月景況感指数
前回 97.7
今回 99.5

ですが、既に南アフリカランド円は、16円台に入ってしまっており、年内いっぱいは、南アフリカランドの利益売りや、要人発言、ダイヤ、金関係者の価格操作で上が重い状況になってきそうです。

それと、来月発表されるであろう、政策金利においても利上げが予想されますので、それに控えという投資家も多いようです。

さらにちょっとタイミングも難しいなぁと、米ドル相場が南アフリカランドの相場を決定ずける主な要因だけに、米ドルが売られ始めて、上がると思いきやそのまま、ユーロやポンドに化けてますので、その点にも注意したいですね。

まぁ、15円台前半でポジションととった方はちょっと嬉しい状況なのではないでしょうか。
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
2006年10月23日

南アフリカランド情報 10/23

南アフリカランドが23日、対ドルで下落。
理由として、南アフリカ中央銀行総裁が、経常収支赤字からのインフレリスクについて警告。

南ア中銀のMboweni総裁は、講演で、対国内総生産(GDP)比6%を超える経常赤字はランドとインフレ見通しにとって脅威との認識を示す。

このことは、南アフリカがいかにランド高になりたくないかとの現れで、年内はこのまま推移していきたいと考えているようです。

ランド高になれば、貿易赤字が拡大しますし、インフレにもなるわけで、このままランド安が続けば相当景気が良くなるのは間違いないからです。

しかし、やはり世界的なインフレの流れは、新興国を直撃しているようです。

インフレを止めるには、利上げが効果的ですが、逆に貿易赤字が拡大し、しかも高利率なので、外資系の金融借金が増えるのでますます貿易赤字になるわで、、

しかも運の悪いことに、本日えらい金価格が低下しています。

※南アフリカランドは金の価格に非常に影響されやすいので、金の先物取引チャートを右上段に配備してみました。

こりゃ12月の利上げまで、じっと我慢でしょうね。
今月中に16円台に乗ると思ったのですが、本日の南アフリカ中央銀行総裁もう少し先になりようです。

もう、センチな人が多いので困ったものですなぁ。

お役にたてたらブログランキングに投票してね

口座開設・入金10万円で、15,000円キャッシュバック!!は、絶対お得。貰うだけ貰ってしまえ

スターアセット証券【くりっく365】なら申告分離課税一律20%でいいらしい、これは思わぬ発見。スキャル派は必見。
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
2006年10月19日

南アフリカランド窮地脱出

南アフリカランド「3たこ問題」も本日のポンド不安からなんとか脱出できました。

踏ん張りどころと思っていましたが、タイミングがよかったです。
やはり、英ポンドとは南アフリカランドは深く歴史的にも為替的にも結びついていましたね〜。

あぁ良かった。

それはそうと、ここにきて南アフリカランドの粘り強さを見せています。
無論、南アフリカランドはブレがデカイ為替の中ではハイリスクハイリターンな部類に入るのかもしれませんがそこは、新興国。

右肩上がりの国ですし、荒れるのは私も貴方も、承知のうえだと思います。

それに、最大の魅力はやはり利子ですし、12月には再度利上げされるので、来年には恐らく、インフレ抑制とポンド不安から10%も夢ではなくなってきました。

ブログランキング続きを読む
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
2006年10月17日

南アフリカランド3たこ現象に注意

南アフリカランド円が恐ろしい勢いで、ランド安に向かっています。

やはり、先日の記事のとおり、急激に上げすぎリバウンドがきましたが、これがただのリバウンドでないので、ちと困ったことになっています。

早めの利食い&ポジションの下げを検討することが必要かもしれません。

その理由とは、

ブログランキング:続きを読む
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
2006年10月16日

南アフリカランド利上げ後

先週南アフリカランドの金利が市場予想通り、0.5%上がって8.5%になりました。為替市場もこれに刺激され、直接南アフリカランドに資本注入したのかすさまじぃ南アフリカランド高を招きました。

ランキングポジション続きを読む
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
2006年10月11日

南アフリカランド新法則発見かも

南アフリカランドがようやく15.4台にもどってきましたね。ようやく熱くなってきました。さすが南半球!

というのは置いておいて、やはり南アフリカランドの底値は15.1でした。
一時期勢いで、14.8まで行きましたが、あれは勢いですからね。。

底値で辛うじてちょビットポジションがとれたのが良かったです。
これで、長期的にスワップポイントを美味しくいただくことが出来ます。

といろいろ最近南アフリカランドを調べていくうちに面白い相関関係に気がつきました、オカルトだと思われるかもしれませんが、為替分析に正解はなく所詮評論家が示すのは後付の理由でしかないと思っていますので。。

と、そのまえに、少し重要な南アフリカランドの指標が発表されています。

南ア・7月小売売上(前年比)
前回 +9.1%
予想 +9.0%
今回 +9.7%

若干ですが、小売売り上げが向上しています。小売売り上げが伸びる=内需が良くなっていると見るのが正論ですから、経済的にはよい方向に進んでいるようです。
さすが、ここしばらくランド安だったからでしょう。

ところで、肝心の法則なのですが、

そのまえにブログランキング
続きを読む
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
2006年10月04日

原油安と金安で(南アフリカランド)

ドルが若干勢力をもどすかと思えたが、やはり方向的に若干ドル弱でユーロ方面に資金が流れています。

ボンド円は、一気に222.7-8へ、警戒ラインであった222円を突破してきました。(これは円が弱いという側面もあります)
また、北朝鮮の核実験強行放送で、スイス高の可能性大。

一方、為替公開実験の南アフリカランドですが、重要な局面を迎えています。

原油先物は7カ月ぶりの低水準となる1バレル=60ドル以下まで下落。
これに伴い、金相場も一時期は600付近で安定していましたが、一気に575まで下げています。

そして、当然原油と金の急落を背景に、オーストラリアドル、カナダドル、南アフリカランドなどの資源国通貨が下落。

特に金価格の影響をモロに受ける南アフリカランドはランド安で対円で一気に14.95円に突入、底値だと警戒していた15.0円を抜けています。

しかし、良材料もあります。一般の消費者には嬉しくない情報なのですが、
OPECが原油の減産を検討しています。12月に減産が確定的で、現在1バレル約$60ですが、OPEC加盟国は$65以上確保したい考えのようです。
なので、原油は減産に動いています。(アメリカ、イギリスのタカ派介入で増産の圧力もあるかも)

原油価格が$65で推移すれば、金売りが渋り、金価格の引き上げになる可能性が高いです。

金が上がればランド高なる可能性も大いにあります。

そして、今月金利引き上げかどうかの発表です。発表は10月12日の予定。市場は金利引き上げを完全に織り込んでますがどうなるか注目です。
8%から0.5%上げて、8.5%。年内にもう1回上げて,9.0%になる見込みなのですが、、どうなるやら。

ランド安の方が南アフリカにとっては好材料になっている&ドルの強さに留意していきましょう。


 
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
2006年09月27日

南アフリカランド為替ニュース

南アフリカランドのニュースの速報です。

まずは、南アフリカの要人発言から南アフリカ準備銀行のムボウェニ総裁は債務の積み上がりやインフレ期待の高まりをうけて引き締め政策の可能性に言及しました。これによりLDN時間に対ドルで2003年6月以来の安値圏まで下落していた南ア・ランドはやや持ち直す展開に移行したのですが、

ムボウェニ総裁はさらに、「インフレは目下のところ安定的に推移」とも微妙な発言していることからランド戻しは限定的である可能性もある。

やはり、センチな人が多いよう。

2つめ、お待たせ南アフリカ・3月雇用統計です。
前回 26.7%
今回 25.6%

若干いいような感じの数字ですが、実際にはかなり貧困層に集中しているので、経済的にはあれなんですが、やはり下支えがあると一気に景気も良くなるんでしょうがね。。ちょっと微妙な数字ですが、ランド高方向への追い風にはなるようです。

お役にたてたら、ブログランキングにてようそろう
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
2006年09月22日

南アフリカランド急落の真相

南アフリカランドが急激に安値更新しています。

しばらくは安い状態が続くであろうと考えていましたが、ここまで低下するとは思っていなかったので、ちょっとショックです。

底値はもう少し深いようなきもします。

その南アフリカランドが値下げした理由は以下の記事のとおりです。
****************************
22日のヨハネスブルク外為市場で、ランド ZAR=D3 が対ドルで0.6%下落し、1米ドル=7.66ランドと、3年ぶり安値をつけている。  新興市場の全般的な急落が響いているほか、高水準の経常赤字も嫌気されている。  南アフリカ中央銀行が前日発表した第2・四半期の経常赤字は国内総生産(GDP)の6.1%で、わずかに縮小したものの依然としてほぼ24年ぶりの高水準にある。
****************************
[ヨハネスブルク 22日 ロイター]より転記。

と、高水準の経常赤字が理由のようです。それに最近の金安が輪を掛けていますし、タイミング悪くタイのようなクーデターも飛び出したことで、治安上の不安要素が爆発したものと考えられます。

しかし、私はこの時期を逆にチャンスだと感じています。
その理由と対策として。

ブログランキング
続きを読む
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
2006年09月10日

南アフリカランド、激震

チャンス、チャンス、チャンスです。

短期的な、話ではありませんが、必死こいて英語のHPを翻訳ソフトで何とか日本語で探りながら、最近のランド安はどうも腑に落ちない点が多く、納得できなかったため、調べていました。

なにせ、日本では南アフリカランドの情報が殆ど無いという寂しい状況ですし、日本語でくぐっても情報がないない。

なので、深くダイブし、ん、これはチャンスと感じました。

ブログランキング続きを読む
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
キャッシング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。