新着記事
2007年01月23日

ポンド高が招くリスク(ポンド/ドル)

ボンスイがついに危険水域にはいったポンド/ドルが1.9を突破しています。
レッドゾーンに突入です。

現在ポンド高だが、私は非常に疑問がある。

現在のポンド為替は間違っているのではないかという疑問が生じる。
過去ポンド危機にみられるように、ヘッジファンドの恐怖が見え隠れするからだ。

当時のジョージ・ソロスのように、「相場は必ず間違っている」と判断し、ポンド相場が実勢に合わないほど高止まりしていると考えポンドを売り浴びせ、安くなったところで買い戻すという取引を実行するというまさにヘッジファンド同様な取引を行い数億ポンドを荒稼ぎした。

これと同じ状況になりつあるのが、最近のポンドだ。
今段階では、超危険水域のポンドドルの2.0には遠いが、1.99オーバーのレッドゾーン。
対ユーロでは、0.65とややレッドゾーンで、ユーロドルが1.3を超えない所を見ると、

過剰に評価されつつあり、既に、ポンド高は確定的であり、93年のポンド危機に近いものがある。悪夢再びか?(まぁそれを恐れて早めに利上げしたのだろうが、それが逆にあおった可能性もある、が英国はそもそも金利が高い国なので英国の方はなれているのか?)

一度、溜め込まれたポンド通貨がヘッジファンドによる売りが入ると歯止めが利かない状況におちいりつつある。
まぁ激しく為替が動いたほうが短期決算派にはうれしいのだろうが、、

下手をすれば、証拠金が吹っ飛ぶ場合もある。

また、最近の英国は過去のポンド危機以降、98年のポンド高ショックで主要工場はユーロ大陸に移ってしまっており、
主要経済は、経済業が中心という側面をもつ。

このため、住宅価格が高騰しているのが現状でその高等ぶりは東京の比ではなくなってきている。
ロンドンの通勤事情は東京よりもさらに悪く、通勤2時間がざらである。

ロンドンでは日本と同じように、大半の食料を輸入している。特にユーロから輸入する形になるため、相当生活物価が上昇しているのではと懸念される。

現在1ポンド、240円高なのですでに、地下鉄の初乗りだけでも、初乗りが3ポンドといったそもそも高く既に720円。

さらに追い討ちをかけている、不動産物件の高騰による家賃の値上げ、
そしてなによりも、経済業が多いので、ドル建て、ユーロ建て、円立ての労働者が相当いるという問題があり、実際にはインフレなのに、為替変動による実質的な賃金低下も無視できない問題もある。

また、数少ない工業にも影響がでており、ますます英国離脱も広がるものと予想される。

その影響は指標にも現れてきており、住宅価格、消費者物価が賃金上昇に追いついていない。

そのうち経済が失速するのは目に見えている。

問題は、いつヘッジファンドの大量売りが入るか?なのだが。。神のみぞ知るということか。
まぁチャートみてればいかにも不自然な動きになったら、要注意か。
ちょっと不自然なちゃーとっぽくなってきてはいるのだが、、、どうだろう?
嫌な予感はする。
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
posted by たつや at 22:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 ポンドスイス編
2007年01月10日

ポンドスイス高が止まらないない(涙)

ポンドスイス高が、止まらないない。
当面2.400を越さないと思っていたポンスイですが、かるーく越してしまいました。
短期とはいえ、完全に私の読み負けですね。

まぁ気を取り戻して、ポンド円の差分で細かく稼いでいこうと思います。

チャンスは、英の貿易収支の時間帯か?
となると、18:30分ごろ〜が勝負でしょう。

■今日の為替相場の注意事項
ゴトウ日なので変動に注意。
豪・英・米の各国貿易収支に注目したい

南アフリカランドもまたもや16.3付近で停滞。売り注文が並んでいることからも上も下も重くなってきた。急激な上下時にチャンスあり。
スワップで手堅くいきたいところ。
次回の大立ち回りは次期金利政策発表時後だろう。
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
posted by たつや at 08:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 ポンドスイス編
2006年08月13日

ポンスイ大飛躍

今週(8月7〜8月11日)は、良い意味でもポンスイが大飛躍し、
2.348付近まで一直線にスイス安(というより、ポンド高)に向かっていきました。

まだまだ、金利上げがここまで為替に影響すると、証明された週でもありました。

肝心のポンドですが、現在ユーロ圏は避暑でバカンス真っ只中ですが、投資はインターネットの普及でどこにいても取引ができますから、バカンスでも全く為替変動間の時間は長くなりません。

ボンスイは約3秒で為替が変化していきますので、為替であっても投資市場は生き物だなぁと感じる事があります。

しばらくポンスイで頑張って見ましたが、相場が私の考える平均ラインを上回ってしまいましたので、これ以上のポンスイへの投資は危ないなぁと思いしばらく静観することにします。

結局1枚単位でのポンスイの取引で、トータル4万近い利益を出せたことは良かったといえます。セントラル短資OTのポイントも相当たまりましたし、、

目指せ、ポルシェ(む、無理ですけどね、、、2,772,000Pは)
でも、手数料1%バックPなので、お金持ちの人は即効、たまりそうです。

ブログランキングにアレの秘密がこっそり
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
posted by たつや at 21:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 ポンドスイス編
2006年08月07日

ポンド急上昇

先日の、イギリスポンド利上げをうけ、一気にポンドが高騰していますね。

やはり、市場はまだまだ金利(スワップ含み)中心に投資が動いているという、金持ちの論票で物事が動いているようです。


この調子ですと、ポンド円は220円を突破しようかという勢いですが、
取り合えず、220円が1つの壁になって跳ね返りそうな予感もしますが、スワップポイントが、セントラル短資OTでは270円/2ですから、結構なスワップポイントです。

ポンド/ドルでのスワップが売りからで0.26 米ドルですので、ポンドの方が有利なのではと思われる節もスワップポイントからはにじみ出ています。

しかも、ユーロに目を向けてみましても、もうじき148円台の夢の大台に後わずかです。

そんなわけで、注目のポンスイなのですが、ジリジリとポンド高を受けあがってきたようです、若干のリバウンド感もありますが、証拠金が吹っ飛ばない間はスワップ狙いでますます利益を伸ばせそうです。

ポンスイのスワップは現在 1.90 スイス/2なので、そんなに多くないですが、それでも無視できない程度の利益はでそうです。

ポンスイなのですが、日本時間の19:00以降は値が激しく動く時間帯ですので、この時間が注目すべきポイント期なのかもしれませんね。


余談です。
 「サプリ」フジTVのドラマですが、ネット事務用品宅配の「アスクル」でもタイアップされています。他のドラマでもタイアップしていたので、本気でバク増を狙っているのかもしれませんね。
 株価に活目せよ!

ブログランキング
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
posted by たつや at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 ポンドスイス編
2006年08月06日

英国の利上げで、ボンスイ急上昇

英国の利上げは私もサプライズでしたが、みんなビックリさせられてしまったのではないかと思います。
私もですが、殆んどの人が英国利上げについては想定外のことで、大きなサプライズとなったはずです。

聞いてないよ〜ってな状態です。
なので、215.20円付近からどーんと216.80円台へ一気に持って行き、結果としてボンド/スイス(ボンスイ)も一気にスイス安だったというのが、ジェットコースターの正体でした。

関連記事:ボンド・スイスの恐怖
    :ポンスイはやはりスワップ派向け

利上げによる反応がここまで早いということは、相当世界的にインフレ傾向にあるということです。
ブログランキング続きを読む
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
posted by たつや at 01:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 ポンドスイス編
2006年08月04日

ボンド・スイスの恐怖

ボンド・スイスの恐怖を味わいました。

最近、ドキドキ感を味わいたくて、ボンドスイスを積極的に、超短期取引と称し、ディトレ真っ青な取引時間で取引をしていましたが、

恐怖、ジェットコースターを数回味わいました。

しかし、数回こなすうちに、恐怖ジェットコースターを快適、絶叫マシーンに変えるコツをつかんだので、その取引の模様をお送りします。

ブログランキング

続きを読む
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
posted by たつや at 18:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | 為替 ポンドスイス編
2006年08月03日

ポンスイはやはりスワップ派向け

ここ2週間、ボンスイで超短期取引を練習していました。

1万単位で、買い&売りを数回行いました(無論、手数料無料&低スプレッドが条件のネット取引だから出来る技ではありますが)

結果論なのですが、1万通貨(最低取引量)でも小遣い程度は稼げます。

が、いかんせん投資額が小さいので、当然利益も少ないです。
2.3050〜2.2970間で数回実施(10回は往復シタッす)

その結果なんですが、
200スイスを獲得。日本円にして1万8千円です。

これが多いと見るか、少ないと見るかは、別問題ですが、ポンスイは見切りのタイミングはさほど難しくはないですが、今段階はちょっと厳しいと感じました。

理由としては、ポンド/スイスでの値動き幅や値動き反応がそれほど早くないので、短期で収支を得るためには、常に動向をチェックする必要があり、夜間リアル取引&指値取引を駆使するに要した時間で割ってしまうと、、

ちょっと悲しいほどの時給にしかなりませんでした。
時給単価、500円を下回ったわけで、、最低賃金よりもスクなぁ!っというツッコミが聞こえてきそうです。

一方、スワップなのですが、ポンド−スイスで、1日1.5スイスありますので、結構なスワップです。ポンスイがスワップトレード派に人気がある理由が納得できると思います。


それと
ブログランキング


続きを読む
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
posted by たつや at 01:12 | Comment(1) | TrackBack(1) | 為替 ポンドスイス編
キャッシング