新着記事
2008年10月10日

NYダウ8609ドルで取引終了1010

アメリカのNY市場での終値は、またもや安値更新。
協調利下げは逆に市場不安をあおり、やはり好感されていない
米国株式市場でダウ工業株30種平均の終値は前日比648ドル33セント安の8609ドル77セント.

当然、本日の日経平均にも大きくのしかかることは必死。
ただ、多少の反発はありそう。

ドル円も100円を下回り、99円80銭程度。
為替市場は今日も、ポンド円、豪ドル円を中心に暴れまわるのは目に見えていますが、週末という点に留意。

取引自体も細くなっていますので、大規模な仕掛けには注意したい。
そろそろ、仕掛けがあってもいい空気になってきています。
怪しい、うわさ話が流れてきたころが、前兆のサインだと、、
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
posted by たつや at 06:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株取引
2008年02月12日

株価下落 総額約559兆円って

ヤフーニュースで、

2008年2月、アメリカの投資情報会社・スタンダード&プアーズ社の統計によると、今年1月世界各国の証券市場の株価は下落、時価総額は合計で5兆2000億ドル(約559兆円)減少したと報じられた。
ネタ元はRecord China

続きを読む
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
posted by たつや at 07:41 | Comment(1) | TrackBack(0) | 株取引
2007年05月05日

2.28ショックから回復

2.28ショックからはや2ヶ月経過しました。
あの時、証拠金の60%を消失し、ポジションを築きなおし、ようやくGWにプラス領域まで復活しました。

この2ヶ月ががっぽり空いた窓、をようやく埋めれたという状況でしょう。

しかし、今回の決算で予想外だったのは、南アフリカランドが意外なほどに円安ということ。

前回ドル円、122円をつけたときでも、17.20円/ランドでしたが、今回は120.1-3円で17.20-30円/ランドです。
今週のUSD/ZARもついに7.0を突破しましたので、いかにドルが多方面で売られたのかという点が、1月頃と状況が違うということでしょう。

そして、私が最も納得できないのが、ユーロ高です。
さほど良くない、経済事情、旧東諸国を巻き込んだ労働事情や、また起きるであろう熱波等の地政学的マイナス要因を考慮すると、現在の163円 USD/ユーロ 1.6 は高すぎるのではと感じています。

たしかに、ドルは既に金融政策のピークを迎え、ユーロは今後最大2回の利上げが予想されますが、それでも金利面はドルには及ばない(ECの性格上利上げは最も敬遠されがち)し、実際問題アメリカ経済は悪くないということです。

住宅事情が落ち込んだとはいえ、実際問題政策金利5%ということは、住宅ローンはもちろんそれ以上ということであり、最低でも7%の利子ということ。
これでは、モゲージを利用する方も少ないでしょう。
(最近では、円立て低金利融資があるらしいが、、、)

新規及び中古住宅件数が下がって当然、そのための利上げだったはず。
反面、そのたの指標は結構いい数字になっているのではと。

つまり、いずれ戻ってくるドル。もしかして今がチャンスなのかもしれませんが、8月まではユーロ高、ポンド高でしょうね。

ちなみにイギリスは恐ろしいほどのインフレ、超物価高らしいです。日本系銀行は大変だろうなぁ。。

まぁ全般的に、日本円が弱いということもありますが、ゆるやかな円安なので、輸出企業は儲かりますけどね。特に車、マイクロ系電子機器は。

なんやかんやで、今週の特筆すべき注目点はやはり政策金利

 9日 アメリカ政策金利発表 予想据え置き
10日 イギリス政策金利発表 予想0.25利上げ
10日 ユーロ政策金利発表  予想据え置き

今週は、政策金利発表が熱い&ポンド旋風が予想されます。
 
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
posted by たつや at 09:50 | Comment(3) | TrackBack(1) | 株取引
2006年09月04日

年金積立金管理運用(独)は運用が下手

株の運用がヘタクソな駄目国民ファンドの代表ともいえる。年金積立金管理運用(独)がまたまたやってくれてますので、暴露します。


ロイターニュースより
ここから
厚生年金と国民年金の年金積立金の管理・運用を行っている年金積立金管理運用独立行政法人(管理運用法人)は4日、今年度第1・四半期(4─6月期)の市場運用(手数料などの控除前)が2兆0032億円の赤字になったと発表した。利回りにあたる修正総合収益率はマイナス2.73%。管理運用法人では、世界的に株価が下落局面にあったため、と説明している。
6月末時点での運用資産額は73兆3683億円

ここまで。


運用資産が73兆3683億円もあれば、通常どう考えても損をするはずがないのだが、見事に資産を減らしてしまっている。
何故、毎度損をしているのに、株を運用するのかさっぱり理解に苦しむが、これがもし、FXで運用していればどうなっていたことか、ちょっと分析してみたい。

FXで決済されない安全圏内のレバリッジは2倍です。
これをアメリカドルで運用したとすれば、およそ現在の利率は5.5%なので、×2で考慮すれば、11%となり、手数料を引いたとしても10%近くは勝手にスワップで増えることになる。

当然資金は、塩ずけでよく、ポジションの+15%以上の値上がりがあったときだけ決算してしまえば、非常に効率よく稼げるはずなのである。

裕福な資金とはこのとこなのに、、、、

年10%という利回りなので、運用資産が73兆3683億円であれば、少なく見積もっても、7兆円は歳入があってもよい。

しかし、年金積立金管理運用(独)は増やすどころか2兆0032億円の大赤字を出している。またかぁと思うのは私だけではないはず。

はっきり言えば、赤字財政だといわれている年金を増やそうとして、増えるどころか逆噴射してしまっている。管理運用法人では、世界的に株価が下落局面にあったため、と説明しているが、そもそも資産運用能力のないお坊ちゃまが運用しているので、損しても当然です。(実際の運用者はマジで素人以下です)←大学の経済学教授が、資産運用しても巧くいかないのと同じ現象なんですけどね。

タダでさえ、借金をして運用しているのに、さらに火の車といえる。

こうなれば、もう年金積立金管理運用(独)は資産運用をしないほうが世の中の為だと思われます。

しかも、暴露してしまいますが、毎回といっていいほど赤字をだす年金積立金管理運用(独)の役員(天下り役人)は超高級鳥でしかも、退職金をがっぽりもらうのである。

これが、ヘッジファンドであれば、これだけの負債を出した瞬間に自己破産もしくは、大損と潔い撤退を演じるであろうが、年金積立金管理運用(独)の役員は損しても、自分のお金でないので、痛くも痒くもない。

痛くも痒くもないので、何故損をしたのかも分析しない。。。

私は、年金積立金管理運用(独)に言いたいです。
もう、なにもしないでくれと、、、、、、そしてさようなら

ますます年金を払うのがばかばかしくなっていく。。。
皆さんはどう思いますか?

ブログランキング
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
posted by たつや at 23:10 | Comment(2) | TrackBack(2) | 株取引
2006年06月20日

ジェットコースター

ここ、最近の日経平均株価は凄いものがある。
1日内で平気で800円以上急上昇、急下降する。当にジェットコースターだ。

上がっているときには、それほど恐怖は感じないが、ピークをすぎ落ち始めると同時に恐怖感が増すのではないしょうか。

平均株価でなので、別にいいんじゃないと感じている個人投資家も多いと思うが、ここまで凄まじいと何かあると思ってしまうのは私だけではないはず、

そこで、いろいろアプローチを試み、ある巨大個人投資家と久し振りにコンタクトをとることができた。

ネットというのは、非常に便利で、メールを送ってしばらくすると、ウエブ上でTV電話がタダで利用できるので、便利ですね。っておっさんみたいなこと言って申し訳ない。

本題に戻ってその個人投資家から、驚くべき情報を入手した。

ブログランキングにもない情報かも
続きを読む
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
posted by たつや at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株取引
2006年06月17日

アイ・オー・データ株遠のく

(株)アイ・オー・データ機器 (JASDAQ:6916) なのですが、金曜日の市場では、終始買いにより、++67 (+8.89%)と株価が上昇してしまいましたので、結果821円と大幅にリバンドしてしまいました。

これが利食いのリバンドなのか、それとも上昇トレンドなのかは予想もできませんが、先日の記事のとおり、『 (株)アイ・オー・データ機器 (JASDAQ:6916) 株は500円切ったら買い』バリュー株目当てに殺到された可能性も高いとにらんでいます。

ただし、再度リバンド下げがあると予測しますので、その時に買おうかなぁと思います。
ちょうど10万円以下で買えますので手ごろな株ですし、イードレードに指値注文でもしておこうかなぁと。

ブログランキングなかなか上位進出は難しいですね。


参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
posted by たつや at 08:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株取引
2006年06月15日

株底値予測 6/15 バリュー株編

株価がやっぱり低迷してきましたが(いままでが逆に良すぎです)、最近の下落を受け、バリュー株が一気に増えたような印象を受けます。

なにせ、株価が高騰する去年の9月時点の株価に戻っただけという感じだと思います。

そこで、いろいろ株を探してみたのですが、底値かもと思われる株を発見しましたので、この弱小ブログで暴露しちゃいます。

まぁ沢山見つけたので、おすそ分けという意味で。どうせ全部買えるわけでもないし。

バリュー株を支持するランキング
バリュー株の続きをどうぞ、
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
posted by たつや at 09:06 | Comment(2) | TrackBack(5) | 株取引
2006年06月10日

株情報 アイオーデータ買いマジかかも

(株)アイ・オー・データ機器 (JASDAQ:6916) さんが、やっとこ700円を切ったのですが、会社としては、結構メモリー販売が好調で儲かっているのは儲かっていますが何故か株価低迷になっています。

どうせなら、500円までいってくれれば、バリュー株どころではない、超プライス株に転換するのですが、ここに来て下げが鈍化しています。

7月まで下げ局面が継続するかどうかが今後の鍵といえますが、アイ・オー・データ機器に今後も注目していきたいと思います。

現在の株配当も、1.8%台と割りといいほうですし、100株単位ですので、100株で7万円と手ごろな値段なので、ディトレ勝負や、短期狙いにもってこいの株になっています。

私的には500円が下限限界ラインと狙っていますので、せめて550円まで売りまくってほしいものです。


ところで、ヤフーですが、チャートフォリオというとってもラッキーな株情報サイトをオープンしましたが、まだまだ情報不足でいまいちなのですが、ヤフーだけにはやばやと、充実してきそうな勢いですね。

ランキングに潜むあの人のブログを探せ
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
posted by たつや at 16:42 | Comment(3) | TrackBack(0) | 株取引
2006年05月19日

アーバンコーポレイション再リバンド

アーバンコーポレイション(株コード8868)が本日急高し、アーバンコーポレイション株が一時、前日比190円高(15.61%)の1407円まで上昇して、株価は急落前の水準(15日終値=1401円)の水準まで戻した。

と報じられているが、これはリバンド買いではないかと私は予想します。
なので、ディトレ派はこれでもいいのかもしれないが(値が動くので)、中期狙い派の私にとっては超ハイリスクな株銘柄であるんで、今回はパス。

もう1回値が落ちて、弱い再リバンドがあると思われますが、タイミングが難しいでしょうね。

私は不動産系株はちょっとインサイダー?といわれる可能性もないこともないので、そもそも買いませんけど。。


参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
posted by たつや at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株取引

タカラバイオがHIV新薬誕生に一歩

タカラバイオ (株コード4974) が「エイズウイルス(HIV)に感染した細胞と細胞中のウィルスを死滅させた」とする発表を行ったことで一気に注目されるようになり、値幅制限の上限となる前日比5万円高(13.74%)の41万4000円まで上昇。

差し引き2万2768株の買い注文が残っているほどストップ高がさらに続くこととが予想される。

もし、HIV抗生剤が誕生したならば、株価上昇は当たり前であるが、人類救済の救世主として一気にタカラバイオがグローバル企業化する可能性もある。

希望とロマンを掛けて投資するのも面白いかもしれませんね。

とはいえ、高いし、買い注文が殺到しているので、買えるかどうかが問題ではあるが、なので、第1次リバンド狙いも面白いかもしれない。

イーワラントで買えれば、即買いしたい銘柄ですね。
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
posted by たつや at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株取引

イートレードついに買いサイン登場

イートレードついに買いサイン登場です、

イートレード株がついに好転に転ずる時期にきたかもしれません。
そろそろ下げ止まりというよりは、有力な買い手が囲ってきたといううわさもあり、イートレード株はこれ以上下がるのは一時期にせよあったとしても中期トレードを見れは上昇ムードといえます。

先日のイートレードの記事で予告したとおり、本日は+1万円高で取引を終了。対前日比5.88%増と、1日で5%リターンはおいしかったのではと思います。

恐らく月曜日は前場で下がり後場で回復するものと思われますがしばらくは荒れる局面といえますので、17万前半ラインで買い、17万後半ラインで売りか保持をするのが懸命な判断と私は予測します。

ただし、15万まで下がればこれは完全にオープンバリュー株となるので、一気に買いといきたいところですが、そこまで下がらないでしょうね。

まぁ欲張りは厳禁というこで。。
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
posted by たつや at 21:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株取引
2006年04月08日

イー・トレード証券がチャンス

イー・トレード証券(JASDAQ:8701)がチャンスです。
これは、下げすぎでしょうというくらいまで行った、イー・トレード証券の株価なのですが、もうそろそろ限界と私はみますので、月曜日に早速、買いポジションを堅守し、買いまくろうと思います。

保有は、中期保有で、売りは30万を予定しています。
イー・トレード証券の株価は、現在260,000なので、仮に300,000で売り抜ければ、4万プラスですので、結構美味しいかもと思います。

当然決算は黒字確定ですので、今度こそ配当もありそうな気もしますので、30も固いような気もします。
この結果はどうでるか今後も追跡したいと思います。

関連記事:イートレードが乱調気味

>>Eトレード証券(イートレード証券)のネット取引の詳細はこちら

参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
posted by たつや at 00:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | 株取引
2006年04月04日

イートレードが乱調気味

イートレード証券の株なのですが、ここにきて、いろいろ噂があったので、取引数が半端でないくらい、上がっていますが、全体的にはプラス要素なのではと感じます。

まぁいち時期の天井状態よりも落ち着いていますが、前場では相当の取引数で証券会社の株としてはちょっと例にないくらいの取引数ですね。

もしかしてイードレード証券の作戦ではないかと思うくらいです。
理由は、手数料が入るからなんですが、、、

んなわけないか。

まぁ後場は荒れずに沈静化しましたので、明日の前場は凄いことになりようです。ディトレードの方は要注意だと思います。
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
posted by たつや at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(1) | 株取引
2006年03月18日

イートレード株がチャンス到来

イートレード株がチャンス到来です。

短期保有というより、やや中期で5月まで保持と考えてなのですが、今後大幅なリバンド上げが予想しております。

現在272,000で、従来の株価200,000時よりも会社の状態非常によろしいので、現在バリュー価格に推移しているものと考えられます。

まぁ12月の異常高騰は論外ですが、短期利食いが激しすぎです。
相当得した、損した人がいるようですね。
私もこのとき利食いで売ってしまったのですが。

ライブドアショック後の証券株としては、満足のいける結果になるかもです。
私も今後1週間の状況次第では、買戻しをしようと思います。
>>Eトレード証券(イートレード証券)のネット取引の詳細はこちら
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
posted by たつや at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(1) | 株取引
2006年03月14日

イー・トレード証券大飛躍

株取引日記
イー・トレード証券(株)が凄い寄席をたたき出しました。 10,791,130 千円とは恐れいります。

やはり、ネット証券ビジネスは今後さらに成長するのでしょうね。
自らの株で自ら手数料を勝ち取るって、理想的なネット証券会社になってきたようです。
今後もますますイー・トレード証券が見逃せないですね。

でもなんですが、一般の株をしていない人からみれば、まだまだイー・トレード証券はマイナーな証券会社なんですよね。

恐らく普通の人は、証券会社=野村證券といいますからね。

イー・トレード証券知名度UPが課題でしたが、ここ半年の株価急上昇&顧客数増加によって、一気にブランド化してくると感じてます。
今後も注目の株なのではと思います。

私の気になるところはやはり配当&特典ですね。次回決算後が楽しみです。

>>Eトレード証券(イートレード証券)のネット取引の詳細はこちら
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
posted by たつや at 15:29 | Comment(0) | TrackBack(1) | 株取引
キャッシング