新着記事
2008年04月06日

南アフリカランドの最近近状

久しぶりの更新ですいません。リアルな本職の方が非常に忙しく毎日夜12時になってしまうなど、不当な労働を強いられていました。。

為替王を夢見てこつこつがんばって脱サラを夢見ちゃいます。

ところで、南アフリカランドですが一時期物凄いことになりました。
が返って今後の動向がはっきりとしたといっても過言ではないです。


南アフリカランドは、アメリカのクレジットクランチを気に一気にドル96円をマークした後、ランドは11.5円まで下落しました。

つまり現在の状況では

ドルが95円をマークしたとしても、11円を切ることはないということが証明されたのではと思います。

根本的に現在の南アフリカは高度成長にインフラが耐え切れなくなって、大規模な電力不足が深刻化しています。
そのため、急速な輸出拡大は無いものと思われます。

しかし、あいもかわらず、高金利国としては通貨単位が低いことと、次期ワールドカップ開催地というネームバリューも手伝って、南アフリカランド債は日本でも大人気です。

しかも、米は世界で2番目に金利が低い国になってしまったので、一部の裕福層が利子を求めて南アフリカランドを買いまくっているとの情報も入っています。
(金や米株式資金の一部が流入しているとの情報です)

無論、日本でも国内金利は低迷していることや、最近の円高っぽい感じなので、高金利通貨は大人気で、ランド債を出せば売れるという状況のようです。

なので、現在クレジットクランチ問題が解決していないのにかかわらず、南アフリカランドが底堅くなっている、最大の理由になっています。

ちなみに現在、南アフリカランドは13.0-12.8付近ですが、おそらく今後、大型銀行の決算にあわせ、再びドル円が95円に迫っていくのは目に見えていますので、そのときに一気に南アフリカランドを買うという作戦がおいしいかもしれません。
(私は現在その作戦を準備中です)

無論、銀行で扱っている、ランド債ではなく、FXでですけどね。
ちなみに、セントラル短資OLでは、1万ランド通貨単位で購入でき、手数料は、1万ランドで往復100円です。

まぁ庶民は10万〜20万もかえば十分でしょ。
スワップと為替差で年末にはボーナスがでると思います。

目標のランド買いラインは、現在では12.5以下でしょう。


参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
キャッシング