新着記事
2008年03月01日

強ドル離れで南アフリカランド急失速

南アフリカランド円がいい感じで、リスク志向の再開につれ、ランド高になっていましたが、先日の米バーナンキ議長のリセッション入りともいえる発現&ぱっとしない指標で一気にドル離れがおき。

ドルー円ラインで大幅な円高になりました。
ドル-ユーロでは若干ドル戻しもありましたが、ついに1.51ラインを割るなど円、スイス、ユーロへの資金回帰現象が再び起きています。

既に不景気に入っているので、あとは回復まちともいえるのですが、恐らくサブプライムを代表する、セカンドキャッシュフローを銀行が全て清算しないことには、この騒動は落ち着かないと思います。

そのあおりもあったて、南アフリカランドもつれ安になていますが、
さらに輪をかけて、印象が悪い経済指標が発表されました。

南ア・1月貿易収支
前回: -12億ランド
予想: -80億ランド
今回:-102億ランド

です。南アフリカの貿易収支は、過去悪いと為替に多大に影響してきたという背景があるため、投資家やファンド系は強く反応します。

今回もタイミング悪くこの指標がでてしまいました。

そんでもって、現在南アフリカランド・円は


13.25円・ランド(一時期13.1までいった)

ぐぼぉ〜。。。

14円で一旦売りでと考えていた矢先だったので、精神的に辛い。

買いも検討したいが、証拠金流入への僕のお小遣い資金がないので、とりあえず、断念

参考値
南ア・1月マネーサプライM3
前回 23.67%
予想 24.00%
今回 25.16%

南ア・1月Private Sector Credit
前回 21.46%
予想 21.10%
今回 23.00%

南ア・1月マネーサプライM3が悪くなかっただけに、ちょっとなぁと。
(市場では完全に無視されてしまいました)

長期で考えれば、今がチャンスバーゲンハントするべきです。

南アフリカ外貨貯金なんて、つまらない投資するより、FXで南アフリカランド円を2・5倍レバレッジで買うべきです。

※注
南アフリカランドはクロス円といわれるもので、直接円からの換算ではないです。大半は、ドル決算なので、ドルの強弱が相場を殆ど占めているということになり(ドル・ランド)、豪ドルのように、高金利国ですが、単独で相場を決定するような流通も弱いですし、全体の金額が大手先進国に比べれば少ないので、変動幅が物凄く多くなります。

また資源国でしかも、金プラチナの産出国ですが、インフラ整備や生活製品は外資になりますので、万年貿易赤字となる国です。

なので、ドル為替の上下での為替変動が著しくなります。
結果、ドル円が円高になると、ランド円も円高になります。

参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
posted by たつや at 08:52 | Comment(1) | TrackBack(0) | 為替取引
この記事へのコメント
自分は,FXやりはじめたばかりなのですが、この記事でどうして南アフリカがさがりつづけているのかよくわかりました。
高金利は魅力なのですが、リスクが大きいようですね。
Posted by とし at 2008年03月30日 11:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
キャッシング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。