新着記事
2018年08月13日

ドル円、あいた窓を埋める。110.77円、今夜は。

トルコリラショックになったお盆ですが、牧師さんが15日に釈放されるという情報も未確定ながら流れています。
多分、ブラフでしょうが。

ある程度のトルコ政府の対応によって、混乱売りは止まったこともあって、ユーロ円、ドル円ともに戻り買いによって、金曜日の終値まで円ベースで戻しています。

それで、今夜ですが、

トルコ政府への警戒というよりも、エルドアン大統領の対応及び、トランプ砲への警戒です。

何せ、日本以外はお休みではないですし、9月前の8月は相場が踊りやすい時期ですし、最近は夜の2時くらいがもっとも荒れる時間。

ここは、セーフティで取引しないことも重要かもしれませんが、あえて、ドル円売りを支持します。
現在、110.77円なので、そこは硬いということを意識し、111円をストップロスにして、110.3円までを狙うものいいかもしれません。
このままトルコショックが沈静化するとは思えないしいまのところ、何も解決してないので
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
posted by たつや at 22:08 | Comment(0) | 為替取引
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

キャッシング