新着記事
2018年07月08日

今週のトルコリラ円は鬼門の週になりそうです。

今週のトルコリラ円は鬼門の週になりそうです。

注意したい点は以下の2点
月曜日
 エルドアン大統領の就任演説
  おそらく、経済テコ入れのために、利下げなんちゃらという、独創的な政策をするということ間違いなし。
  現在のトルコリラが安いのは、インフレが問題であり、インフレ率の方が貯金の利率よりも高いこと、ドルベースで安いことが、トルコリラ安を加速させていることに、エルドアン大統領は理解していないようです。
 しかも利下げしちゃうと、益々トルコリラ・ドルで売りが出るわけで。いままではもう、トルコリラが安すぎるところまできているので、影響がなかったのですが、政治思想がめちゃくちゃになれば、大暴落一直線ですが・・・。という懸念もある。
 無論、新エルドアン大統領体制の人事の発表もあるので。シリアの独裁を非難して、自分が独裁者になろうとする、ドンでもないことが起きる可能性もあるだけに、これは注目したいです。

 もう1点は・・・・


水曜日
 16:00トルコ5月経常収支
 4月のトルコリラ安が加速したきっかけになった指数。インフレ率からの経済の良しあしが分かってしまう指標だけに、注目度が高いです。
 最近の利上げでインフレが少しは良くなったのかがキーですね。まぁ利上げでは即効性はないんですけどね。
 やはり、政治の安定とかでなければと思います。

個人的には、エミン氏同様に、本来ならば、トルコリラ円は、40円が妥当ラインです。今はどう考えても安すぎるので、もう落ちようがないというのは一緒ですが、現在ドル円が110円だから言える数字になっています。ドル円が105円になったら、5%近く落ちることになるので、
現在トルコリラ円が24円なので、1円は下がるとうことを意味しています。
もう、トルコリラ円のポジはもっていないので、もう少し下がれば、買いとしてもいいんじゃないのかと思いますが、確かに最近のチャートでは底値を打った印象もあるようには感じますが、まだ油断はできないです。


先週の成果 7月第1週
今週は、ちょろしか回収できませんでした。得もあったけど、損切シーンも多く、思ったよりは利益でませんでした。
+2万というところでしょうか。
何とか、波に乗せて、月10万アップを狙っていきたいですが、何せ5月の損切の悪夢からまだ立ち直っていないので、こつこつ証拠金を立て直しの最中ですから・・・・。はう〜。。年内には回復しないとなぁ〜。

今週のFXの狙い
 米、中の貿易戦争が開始されましたが、市場は大きく揺れていません。恐らく慣れたのでしょう。
 そこで、動きにくい相場ならば、レンジ相場であると思うので、少ない幅をこつこついくしかないです。
 なので、今週は、ドル円、ユーロ円を中心に、超短期取引でポジションを固定せず、レンジ幅の往復のとにかく数をこなす方法で、こつこついこうと思います。
 まぁどっかで、ドカーンと、あるといいなぁという期待もありますが。
 いまのところ、ノーポジになりましたので。
何とか+5万はもってきたい。10pipsならば、50回勝てばいいんだけどね・・・。キツイかな?
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
posted by たつや at 09:55 | Comment(0) | 為替取引
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

キャッシング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。