新着記事
2018年05月24日

後期流動性貸出金利ではなく、トルコ政策金利の5%利上げを望む

トルコリラ円は、もう辛抱できないので、損切しました。恐らく6月9日まではまだトルコリラ円は下がると予想したからです。
仕切り直しします。20円では押し目買いで復帰しますけど。

後期流動性貸出金利という、手段では、いまいち市場は納得していないので、半値戻しの利食いに負けてしまっています。
既に、先日の効能はもう効果なしとなっていますね。

トルコ政策金利を最低5%引き上げないとトルコドル安は落ち着かない。
と私もにらんでいます。
セントラル短資でもたびたびトルコ経済予想の先生役をやっている。エミン氏も次回政策金利を5.0%上げる必要があると解説しています。

とにかく、エルドアン大統領のプレッシャーによって、利上げが遅かったということが要因にあると。

確かにその通りです。
時期の大統領選は1回戦で決まらない感じなってきていますので、勢いつけて、エルドアン大統領が失脚してくれればいいのですが、そうはいかんでしょうね。
イスラエル問題でも、アメリカのトランプが強硬手段にでましたし、今度は台湾で何かしそうですし。

北朝鮮問題は、予想通り北朝鮮側のフェイクというかいままでどおりの、外交手段ですからね。何回韓国はだまされるんでしょうかね。
いままでのバランスのほうが平和なんですけどね。
バランス的に。共通の敵はいたほうが、協力しますからね。

今夜は、ドル円から目が離せません。昨日・今日は調整が入りましたが、明日に向けての、113円トライはあるのかという点に注目したいです。どうも下値は堅そうですからね。短期的に上値を目指しそうです。

参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
posted by たつや at 19:57 | Comment(0) | 為替取引
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

キャッシング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。