新着記事
2017年01月23日

アメリカ大統領就任後の窓明けに注意

いよいよアメリカ大統領がトランプ氏になったわけですが、あいかわらず、建設的な方針はでていませんが、TPPは撤退するのはどうやら本気の様で、実行しましたね。

アメリカ第一主義、まるで、世界恐慌後のモンロー主義を貫いたアメリカーナ時代の再来なのでしょうか?
ゆえに、市場というか、金融関連は基本、トランプ氏をかついでいない人々なので、基本は反トランプ支持だったと思いますので、プライムを含む、投資すじの話はまず信用できないもんです。

トランプ氏の大統領演説中は非常に取引量が増大し、もみあいになりましたが、終わってみれば円高に推移しており、114.5円なのですが、基本は私は、ドル高はまだ続くと考えています。

もんだいは、どこまで、円安がつづくのかですが、たぶん、118円がピークでしかも3月じゃないのか?
と。

異例ずくしの米大統領だけに、よくわからないことは事実ですが、まずは、ドル買いが入りやすい相場ともいえます。
まだ、トランプショックからの半値戻しは起きていませんが、今年に入っての上下のストップロスを巻き込む荒々しい波で、この半値戻しもないと考えるのが妥当なのではと。

となれば、基本、金利に目が行くのですが、トランプ氏はこれ以上のドル高はアメリカ経済によくないと考えているようですので、政策金利の引き上げはどうやら慎重になるやも。

そうなれば、ドル売りになるわけですから。

また、すっごい気になるのは、トルコリラですが、もしかすると、米各付け会社3社とも、ジャンク扱いになるかもしれないという、嫌なニュースもあります。無論ジャンクに各付けされれば、売りが入るわけですが、市場がそれを見込んでいれば、そうならないとは思いますので。逆にギリでジャンク評価回避してくれればと思います。

何せ、中東で唯一のNATO側であり、ユーロにはいれてもらってませんが、米とも今後も仲良くしていかなければならないし、一応ですが、ロシアとも雪解けしたようですので、あとは治安という一番難しい問題が残っています。

今週の市場は、マジで目が離せない。特に夜23時から2時の時間は要注意。
8時に寝て、11時に起きて、2時まで起きているという生活スタイルが必要かも・・。疲れる。

PS
 トルコリラ円、正月明けに損切りしてよかったっす。いくら実損益が▲80万でようとも、あのまま放置していたら、間違いなく、証拠金飛んで、マイナスがさらに、でかくなってましたからね。
 手持ち、65万円位になっちゃいましたが、ここ2週間の相場の乱れで、何とか81万円まで復活。あと65万円でトルコリラの損切り元かぁ〜って思うと、先が長いのねん。おかげで、FXの税金は払わなくもよくなりましたが。
 それにしても、南アフリカランドについで、高スワップ通貨、安っってしかなってないので、高スワップの恩恵少ないです。。。これなら素直に、NZの方がよかったなぁと。(いまは、豪ドルもnZドルも高くてロング保持にはタイミングが悪いっす)
 韓国ウォンが買えたら、逆はりするんだけどなぁ、どうぜジャンク確定だし。
今年は、こつこつ3000円くらい証拠金をこつこつ(できれば日6000円目標、月15万増が目標、これなら夏には・・・・復活)、増やしつつ、一発、逆はりで、どっかの〇〇ショックで稼ごうというのが目標です。
 
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
スポンサードリンク
posted by たつや at 01:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替取引
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/446210392
キャッシング