新着記事
2006年10月17日

南アフリカランド3たこ現象に注意

南アフリカランド円が恐ろしい勢いで、ランド安に向かっています。

やはり、先日の記事のとおり、急激に上げすぎリバウンドがきましたが、これがただのリバウンドでないので、ちと困ったことになっています。

早めの利食い&ポジションの下げを検討することが必要かもしれません。

その理由とは、

ブログランキング:南アフリカランドの利上げもタイミングがよかったですが、悪い材料がそろうときは一気にそろうようです。

その1:金価格の大幅な下落
 600近くまで復活していましたが、またもや590以下に下落。しかもジェットコースターです。これではランドが売られてしまうのは必然。

その2:急激なポンド高
 英国の経済が順調のなか、ドイツの経済不安、アメリカの景気後退説が再燃し、資金が英国に流れています。
 そのようななか、当然英国銀行系に資本が流れるわけで、南アフリカランドもその影響をモロ食らうことになります。つまり、下げ要素が働きます。

その3:ドル比下落
 これは結構後付理由ですが、本当の意味はアメリカ→南アフリカの資金の流れが、南アフリカ→アメリカもしくは英国にリバウンドしたためです。
 南アフリカランドは市場がせまいので、極端に数字に敏感なところがありますし、急激に上がったものは、当然下がるのです。
(私の経験では、10上げ7下げ、10上げ、5下げ、7上げ、4下げ。もちもちが急上昇調整の波になります)

とりあえず、南アフリカンドで再び15.1以下を目指し底値ポジションを増やそうと思いますので、当然いまのポジションは損切りラインを、ストップロスラインを押し上げて、多少利益がでる程度でポジろうと思います。
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

一切無料!数時間の作業で100%10万円貰えます!!
Excerpt: このタイトルをご覧になって、あなたはどう思われましたか?? 信じられない方には、 「そんなに簡単に儲かるなら、みんなやっているよ!!」 と、必ず言われます。 しかし、本当の情報なのです!! 確かに、..
Weblog: 借金からの大脱出!驚異の12のテクニック集
Tracked: 2006-10-19 05:30
キャッシング