新着記事
2006年08月04日

ボンド・スイスの恐怖

ボンド・スイスの恐怖を味わいました。

最近、ドキドキ感を味わいたくて、ボンドスイスを積極的に、超短期取引と称し、ディトレ真っ青な取引時間で取引をしていましたが、

恐怖、ジェットコースターを数回味わいました。

しかし、数回こなすうちに、恐怖ジェットコースターを快適、絶叫マシーンに変えるコツをつかんだので、その取引の模様をお送りします。

ブログランキング

まずボンスイですが、私は資金が少ないので、例の50万円をどれだけ増やせるかという、公開実験臨床試験の証拠金を使っています。

南アフリカアンドを10万ランド所持しても証拠金使用率が18%以下なので、残金での取引安全圏内を試算すると、、

1万単位(最低量)しか出来ないことが、判明。
しかし、まぁいいです、気分ですし、パチンコで遊ぶより余程リスクがすくないですし、仕事で家に帰ったあとでも、こたつ机でゆっくりTVを見ながら取引できますしね。


ポンド/スイスはちょっと前までしていたのですが、あと1週間で、セントラル短資OTの手数料無料サービスクーポン使用期限になってしまうので、超短期をセントラル短資OTで開始することに。


1万単位ですので、仮に、ボンドスイスが2.3000→2・3001と末端に上がれば、日本円にして約90円の利益になります。
スプレッドが、0.0005ありますので、1回の取引で、0.001以上差益を得れば黒字ゾーンです。
(手数料無料でなければ、手数料500円ですので、0.0017以上の差益がないとキッツイですね)


前置きは、ここまでにしておきます。

では開始です。

8月3日PM 6:00
先日逆買いしたポンドスイスのポジションは2.3105でしたので、当然持ち越し分の−スワップが発生しているので、早く利益を出したいところです。

しかし、恐怖は突然やってきました。
それまではもじもじ君で、あと0.0001とかタイミングを計って、若干の利益確定をしようと予想通りレートが下がってきた、19:00ごろでした。
tya3.jpg

突然、怪しげなレートの動きに。
微下げムードでしたが、時間が止まったかのように、取引事態が行われないような時間が30秒過ぎました。
これは、もしかして、と思い。すぐさま、売りモードを解除し、買いモードにマウスを操作するも、

一気に、レートが火山のように噴き上げてきました。
2.3095がたったの、15秒で、一気に2.324へ。
凄まじい差です。

辛うじて、2.3188で買い指示ができましたので、一気に証拠金を消費してしまいました、がこの指示がなければ、マジでやばかったです。

大幅な損切りをしなければならない状況一歩前でした。

一旦リバウンドしましたので、その瞬間で、売りポジションを買い決済し、−150スイスの赤を出してしましましたが、まだまだ勝負はここからです。

今度は、2.3188のポジションがありますので、さらに、リバンド時に指値で買いを指示。朝10時に決済された模様。

2万保持となり、現在のレートは2.3336まで上昇(またもやプチ上昇があった模様)

2.350で売り指示を出しておきました。現在は何とか+を保持。
裁くまでスワップも多少もらえるかと。


ドキドキ感をたっぷりというより、ドキドキ感を通り越して、冷や汗ものでした。一気に熱い夜が涼しくなりました。
(といっても、1万の損益を損切りで埋めて、現在は2万+ですが、、、)

それにしても激しすぎる。
木曜日だったのに、ヨーロッパ人のバカンス時期は凄まじい金額が動くようです。それにしても、これだけ上げるには、軽く兆に近いお金が必要なんですけどね。。。
一体なにがあったのか?

とっても不思議な夏の夜でした。


ブログランキングでも為替の会談現象が、、




















参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
posted by たつや at 18:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | 為替 ポンドスイス編
この記事へのコメント
デイトレお疲れ様です。
自分もデイトレを先週より行っていますが、
恐怖を味わうこと多々ありです。

>>これだけ上げるには、軽く兆に近いお金が必要なんですけどね
「軽く兆」とのことですが、この基準ってどこかに計算式かなにかあるんですか?
逆にいくらあればポンスイを何p動かせるといった基準はご存知でしょうか。
Posted by とある院生 at 2006年08月14日 12:16
>とある院生さんこんばんわ

やはり為替でディトレはやめた法がいいなぁと感じました。精神的にキッツいです。

>この基準って
基準は明確にはないですが、日本の為替市場でも相対取引量が発表される時があります。
その相対通貨量から計算すれば、いくらでどれくらいのpに相当するのかの概算ならだせます。

が、相場と通貨量は結構水物なので、あんまり当てにはできませんし、近年ネット化の関係ですさまじい取引量ですし、為替は投資変動だけで変動しないので、あくまでも目安です。

が、ポンスイなら、1億2億では、レートはびくともしないでしょうね。
南アフリカランド・円なら動くかもしれませんが。。
Posted by たつや at 2006年08月15日 22:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
キャッシング