新着記事
2006年06月15日

ヘッジファンドが熱い

最近ヘッジファンドという言葉をよく聞くことだと思いますが、最近ヘッジファンドが非常に熱く、しかもずぼら人任せな人にとっては重宝されています。

しかも、リターンが非常に大きいとくればもう、ヘッジファンドが注目されて当たり前となっていますが、、、、

************************************************
トリビア的用語解説
ヘッジファンドとは、空売りを積極的に利用して売買益を稼ぎ出す投機手法をとる投資信託であります。当然ファンド(信託)なので、信用取引になりますし、全て人任せになります。ヘッジファンドは、投資家の安全を守るとの名目で、空売りの投資信託の運用には様々な法規制がなされており、多くの国では投資信託が空売りをすることを禁じています。

このためヘッジファンドは法規制のゆるい、いわゆるオフショア地域に本拠を置いて、運用したり、法規制から逃れるため公募ではなく私募形式で出資を募るケースがほとんどである場合が国内では殆どそうだったりします。最低投資額は日本円で1億円〜1千万円以上とも言われており、参加者は極めて少数の富裕層に限られるが、リターンが大きいので、リスクヘッジの1つとして分散
投資する方も増えています。
************************************

ブログランキングそもそもヘッジファンドは、リスクヘッジの為に生み出されたというよりも必然的に生じた商品といえます。

無論ヘッジファンドを生み出したといわれる人はあのお方なのですが、(あえてここでは名前をだしません)世界経済がグローバルスタンダードに移行したことで、国という概念よりも利益や企業を重視する動きに変わってきたというのが大きな要因のようです。

また、ネットの進歩や拡大が市場取引を24時間可能にし、世界中どこにいてもネットさえ繋がれば取引可能という市場が存在していることが大きな要因ではと思います。


話を戻します。

ところで、ヘッジファンド確かに注目され、リターンも大きいのですが、リスクも非常にでかいです。これはもうファンドの領域を超えていると思います。

なので、リスクヘッジを正確にかつ大胆に行えるお金持ち以外、投機不可能なのでは?と思われていたヘッジファンドなのですが、ここにきて小口出資も可能とする、システムも多数でてきました。
しかも、ヘッジファンドのサイトもかなり増え、充実してきたようです。
↓のリンクサイトに着目したいところですね。
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
posted by たつや at 01:01 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック


Excerpt: ヘッジファンドヘッジファンドの正確な定義は難しいが、公募によって一般から広く零細な資金を集めて巨大資本を形成する通常の投資信託と異なり、私募によって少数の投資家から私的に大規模な資金を集めて運用する投..
Weblog: 投資最新ガイド
Tracked: 2007-08-01 13:17
キャッシング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。