新着記事
2006年03月13日

キャッシングの利子について

キャッシングの利子について、利息制限法の利子が事実上の利子で落ち着くようです。

というのも、大手キャッシングは上場1部に進出してしまい、事実上の公開株となっており、資本金を銀行でなく独自性に切り替えてきています。つまり株券を発行したほうが借金の利子が少なくなるので、デットコストが浮くことになります。

その自体を銀行が見逃すはずがありませんよね。銀行系キャッシングは最近えらい勢いでキャッシングに進出してきましたよね。理由は儲かるからなのですが。
このことはお金を借りる人にとっては、とってもナイスなんですがね。

理由としては、銀行系キャッシングはまじめに利息制限法の上限利息を守るからです。
ア○○のように24%という利子ではなく、7%〜12%で借りれますからね。

とはいえ、やはり利子7%超えは大変なものです、株・FXで7%の利益を出すのは結構大変ですからね。一番いいのは、借りないことなんですがね。
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
posted by たつや at 14:47 | Comment(0) | TrackBack(1) | 借金こぼれ話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

利子
Excerpt: 利子利子(りし)とは、貸借した金銭などに対して、ある一定利率で支払われる対価。利息と利子は通常同じ意味で使われるが、借りた場合に支払うものを利子、貸した場合に受け取るものを利息と使い分けることがある。..
Weblog: 金融のヒント集
Tracked: 2006-03-18 02:53
キャッシング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。