新着記事
2009年04月24日

米ストレステストで動向が固定

リアル引越しがようやく終わり、ネットが接続できる環境なり、ようやくトレードも再開できます。ネットが接続できない間に結構劇的な出来事が多かったのですが、まぁスルーしちゃったので、どうこうはないのですが、今後の為替動向を見極める契機にはなりました。

やはり、現在為替が動きずらいのは、米ストレステスト(健全性審査)の結果発表です。
まだ結果はでていませんが、米政府の集計は終わっているはずであえて、大手銀行の決算後に発表するのかが、その前に米連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)のデビッド・ケラーマン最高財務責任者(CFO)代行が自殺したことがスッゴイやばいような気がします。

それを含めてこうなのではという予想を、
@16行チェックしているが、相当数が破綻秒読みである。(無論銀行名は出ない)
Aサブプライム問題がついにプライムにまで影響してきた
B公的資金注入はもはや限界ではないか

という予想ができます。特に銀行の決算後としたことや、デビッド・ケラーマン最高財務責任者が自殺したという状況下では相当にやばいのは間違いないのではと思います。

市場へのチェック度公表は5月4日です。
日本的にも結構微妙な時期でGW真っ最中ですね。結果発表後まっさきに影響が出る、東京市場からの連鎖反応の影響力のでかさに配慮したかもしれません。

本日の為替動向ですが、非常に問題のある経済指数の目白押しです。

経済指数
○15:45 3月仏消費支出
○17:00 4月独Ifo企業景況感指数(予想:82.3)
○17:30 1−3月期英国内総生産(GDP)速報値
○17:30 3月英小売売上高指数
○20:00 フォード・モーター第1四半期決算
○21:30 3月米耐久財受注額
○23:00 3月米新築住宅販売件数
○未定 3M第1四半期決算(予想:1株利益0.856ドル)

また25日05:30〜7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議(ワシントン)開催が開催され、05:45にガイトナー米財務長官の会見があります。おそらく金融関連のニュースがとびでるでしょう。

ここにきて、金融業界及び自動車業界にいろいろな噂が流れるようになってきました。
こうなると、そろそろ不景気の底が見えてきたのかなぁと思いますが、8月までは油断できないですね。

年末には、相当円安にはなってくると予想しています。

■本日の為替予想レンジの狙い
本日は、経済重要指数をまって、超短期スキャルがもっとも安全な取引方法だと思います。
まぁ無理にとりにいかないほうがいいでしょう。

PS
 やっと、ブログを再開できます。とある事情で、思いがけない単身赴任になってしまいましたが、まぁ頑張っていきます。


参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
posted by たつや at 07:04 | Comment(1) | TrackBack(0) | 為替取引
この記事へのコメント
サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://hikaku-lin.com/link/register.html
こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
突然、失礼しました。
kRnCvyZE
Posted by hikaku at 2009年04月24日 07:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
キャッシング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。