新着記事
2009年02月16日

日本国の膨大な借金の謎に迫る

日本の借金は、今900兆円に達するところまできていますしもしかしてもう越してしまうかもしれません。では、何故こんなにも借金が増えてしまったのか。

過去、日本は高度経済成長をしてきたにも、かかわらず何故黒字財政で終わったことがないのかを追求し、
その影響を分析してみます。
1965年から30年の間に、日本は国家債務ゼロから世界最大の負債国へと転落したがそのプロセスはいたって単純だった。

@歳入よりも歳出が多かった(つまり国債の発行)
A米債の立替分を歳出にカウントしていなかった
B税収増ができたのに、していなかった
C借金を返すために、さらなる借金をしたことで雪だるま式に借金が増えた
Dインフレがもっとつづくと誰もが思っていた

と思われます。

それと、日本政府の独自の考え方として、割り当てられた予算はなにがなんでも使い切らないと駄目という、官僚の面子もあって本来黒字財政になる機会もあったかもしれないが、実際にはなかった。

つまり、予算が余っても、借金返済に回さずに使い込んでしまうという、まるでダメ親父の財布をみているようである。

例を上げれば、住宅ローンが良い見本である。
借金をして毎月返済されると思いますが、もし生活していき余剰金が蓄積されれば、借金の利子節約のために繰越返済をすることが、だれでも思います。

つまり、余剰金=あまった予算となるのですが、あまったお金は、無駄使いということもあって、すべて使われてしまい、繰越返済に回されることはなかった。

そして、収入が減ると、毎月のローンの支払いが苦しくなり、生活費の補充のためにさらに借金をするということになります。

無論、その借金も次第に雪だるま式に増えていくことになり、気が付いたらもう家計は火の車ということになり、破綻しか選択肢がないことになります。

怖いですね。。

と住宅ローンでたとえれば恐怖感が沸いてきます。

しかし、実際国の借金といえば、逃げ道があるのが事実で、
@日本国内の借金は大半が国内である。
A借金返済のため、増税すればよい。
B通貨量を上げて故意にインフレを招く

という裏技があることや、国の役人、政治家のなかでは、いずれ好景気がおとずれ、国の歳入が増えるから安心と、楽観論があるのも事実です。

上記で@については、最悪は利子を払わない措置をとることが出来るということ。まぁ行えば日本の国債は、一気に信頼低下し、国債の解除を一気に国民が行い、違う意味で破綻するかもしれません。

Aについて、
 増税して借金を返す方式です、が既にこれは過去にも実施されていますが、それ以上に歳出もこっそり増えているので、もうどうしようもないです。
Bについて
 現在国会でも政府通貨の話がでています。政府通貨を出せば、それだけで、スーパーインフレになる可能性は高いです。


しかし、もっと怖いのが、税収の急激なダウンです。
現在、大手企業が軒並み赤字決算をおこなっています。

当然、決算に基づき、法人税が支払われることになるので、収入が極端に減るのは明白です。

つまり、来年度の予算を組んでも、実際の税収はその予算を下回るので、いずれ破綻し、その赤字穴埋めでまたもや赤字国債を発行するのではと感じています。

その先例が愛知県になるかもしれません。豊田市では法人税が95%ダウンとの予想ですし、当然住民税が大幅に未納になるとおもいますので(派遣切りで豊田市に住めなくなって移住するため、実際ゴーストタウン化し始めています)

そうなれば、行政の突然死(一気に破綻)になるのは明白で債務を発行しても誰も買わないでしょう。自治体の影響は1年後になりますので、恐らく恐怖の2010年がやってくるのは目に見えています。

ここまでくれば、もう歳出削減では対応できないものと、、、

もしかすれば、愛知県の豊川市、豊田市、豊橋市、岡崎市は国の将来を示す破綻モデルを描くかもしれませんね。

あぁ怖いです。

いずれにせよ、借金は生産性がないので、良くはないです。
少しでも借金を返せるように、建て直す方法を国会で検討すべきなのではないでしょうか。

国会で芸能リポーターみたいな質問をしている場合ではないと思いますけどね〜。
→これこそ給料泥棒だよ。

参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
posted by たつや at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(1) | 借金こぼれ話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

借金
Excerpt: 静岡市 一般会計2820億円読売新聞地方交付税は同0・4%増の104億円にとどまり、市の借金となる市債を同13・8%増の535億円発...
Weblog: 借金を解決するブログ
Tracked: 2009-02-17 00:49
キャッシング