新着記事
2009年01月14日

東大の安田講堂事件を見て

東大の安田講堂事件を見てなぜあの騒動が起きたのかという背景と思想が理解できました。

あのころの若者はなんとも元気があったというか、ちゃんと自分の主張が出来ていたのだんだなぁと昔ながらに思いました。

最近は非常に不景気ですし、政治不信、派遣切りなどいろんなことが起きていますが、このときのような学生運動や、半体制運動は起きないのは逆に不思議になりました。
日本では最近組織的なデモはかなり少なく、抗議うんどうも何故か少ないような気がします。

脱力感があるのかも知れませんし、何か冷めているのかもしれませんね。

私の職場でも意見をいう人はほとんどいなくなったのと同じで、日本の教育がそう仕向けてきた結果なのかなぁとちょっと痛感しちゃいました。
(私は結構うるさくいうほうなので、上司からは嫌われていますが、まぁその上の上司には受けがいいので、まぁなんとか首にはなっていないのですが、、まぁ首になってもいいかなぁとは思いますけど、、うそです。)

私も最近は政治に脱力感が出てきたのですが、やはりしっかり選挙は行って、政治家にモノをいう機会があればいっていかなければと思いました。

デモや抗議が良いとはいいませんが、他人行儀でスルーして冷たくなり引きこもるよりもよほど良いと感じた次第であります。



参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
posted by たつや at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
キャッシング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。