新着記事
2009年01月14日

円高下げ止まり!?ユーロ円は

ドル買い、円買いというリスク回避現象が強い今週の相場ですが、反発やショートカバーが見られないという珍しい展開になっています。

ただ今日は水曜日なので、ユーロ勢が参加する夕方にはユーロ買戻しもあるかと思われますが、ドル買い、円買いのプレッシャーに押されてしまうかもしれない日になるかもしれません。

しかし、乗り切れば、底値反発もありえます。

チャート上からは、ユーロ円は117円で下げ止まり(ユーロドルも、1.31からは下げにくい状況)ですが、2番底の可能性もあることや、まだ株価もカバーが入っていないところを見れば、やはり、木曜日のユーロ圏政策金利が出ないことには買戻しは厳しいのかもしれません。
■本日の赤丸チェック経済指標
22:30 12月米小売売上高
 意外と悪くないといわれていますが、実際には世界不況がようやく実社会に影響が出てきたと実感できるころあいです。
 ここまで、16ヶ月掛かりましたので、逆に言えば、脱却まであと16ヶ月掛かっても不思議ではないのですが、、

■為替動向と日本の現状のコラム
 急激な円高ですが、ドル高となっている現状では、為替介入は難しいのではと思えます。
 恐らくなのですが、米からの国債購入支援要請を受けて他動的にドル買い、円売りに自動的になる米国債購入で結果的に円安方向になるのでは感じていますが、それには米ドル安にならなければならず、そろそろ国債バブル崩壊もと感じてます。

 ただ、日本の直接の為替介入は当分無いかと。
ようやく経済連会長の御手洗氏が為替介入をするように声を上げていますが、派遣切りなどの問題で世論の求心力が落ちていることで、同調しない可能性が高いです。まぁ現トヨタの会長が言えば、どうかなぁってところですが。

 その前に豪ドル円が58円台(正確にはドル・豪ドルで0.65を下回ればだが)に乗れば、オーストラリア政府が為替介入を実施してくるので、それを契機に為替介入警戒が一気にたかまるかもしれません。

 ただ、クロス円の中心である、ユーロなのですが、安くなってきたので、逆に安堵感があるのが厄介です。

 ポンド円に限れば、史上最低値を更新しています。長い目でみれば、絶対に買いなのは間違いないのですが、115円にいくという噂もあるので、買うタイミングが難しいですね。

 もし本当に115円になるのなら、2年後に一気に倍になるのでしょうが、、うーん買いたいなぁと。
 115円になったら当然買います。証拠金が多くないと危険ですけどね。。1枚ならなんとかなるかも。





参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
posted by たつや at 07:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替取引
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
キャッシング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。