新着記事
2008年07月09日

サミット終了後を見て

サミットが終了しました。
長期目標は共有したものの、決定的な数字までは盛り込まれませんでした。

やはり、米のマルクス原理主義が強い発言があることや、最近の経済停滞もありますが、やはりフランスが主張するように、中国、インド、南アフリカが参加しなければならないと懸念したように、拡大枠をもってもっと広い視野で検討しなければ、丸く収まらないということでしょう。

当然、サミット後ですが、結果的には無風状態だったと思います。

反面、今日の経済指標ですが、結果的に悪くなく、ほぼ市場の予想と同じ程度だったこともあり、若干の円安、ユーロ高傾向で推移しています。

問題は、原油高です。
原油価格ですが、いよいよ150ドルが視野に入ってきたということろでしょう。サミットの影響もないといえますので、今後ゆっくりと上昇するのではと思いますが、問題はイランの情勢です。

このタイミングでイランVsイスラエル事情がこじれれは、さらに原油価格が高騰するのは間違いないですから。

イラクがなんともいえないようなタイミングで、ミサイルの発射実験をしたともいえます。

原油価格下落するムードではないと思います。

為替市場ですが、現在ユーロ円、ユーロドルともに、レジスタンスラインで停滞しています。さらなるユーロ上昇は考えにくいので、利益確定の窓が飛び出すのは時間の問題だと思います。

なので、ユーロ円を売りで、168.80で1枚売りポジしました。
南アフリカランド円が14円に乗りそうですが、やはり抵抗ライン強烈ですね。何かきっかけがないと上らないのではと思います。
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
posted by たつや at 21:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | おそおそニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
キャッシング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。