新着記事
2018年05月30日

トルコリラ円24円台に戻す 追加利上げも視野に

シムシェキ副首相のロンドンでの投資家へのアピールで、今回の利上げは最低限のものであり、インフレが落ち着かない場合さらなる利上げを実施すると、強硬姿勢にでていることが、口先だけでも、エルドアン大統領にはむかっているとして良い兆候と市場はみているようです。

基本的に、トルコが気にしているのは、ドル・トルコリラであって、トルコリラ円ではないので。

ドル・トルコリラは現在、4.5くらいに、なってきていますが、まだまだで最低でも3.5に持っていきたいと思われます。
何せ、2年で半値ちかくドルベースで下落したのですから、原油は単純に2倍ですからね。こりゃたまらんでしょう。

トルコは明日、利上げ措置の発行日です。エルドアン大統領が余計なことをしなければ、なんとか、トルコを評価すると思われますが、エルドアン大統領のリスクが解消されていないので、格付け会社の格付けが、低下修正される見込みです。

それと、イタリアですが、ギリシャばりに混乱しているようですね。ギリシャ問題はまたケリがついていないし、アイルランド問題も実はまだ未解決だったりします。
EUは、ドイツは絶好調ですが、その他はちょっと不調ですね。

ドイツは、やはり、東西統一のタイミングがいまにしてみればよかったんじゃないのかと思います。
現在ドイツでも、少子化が問題視され始めていますが、統一後いまになってですが、労働人口が定着してきたので、労働力不足になっていないだけではなく、日本と違って、しっかりと賃金に還元されるようになってきていますので、経済と人口のバランスが非常によろしいようです。


続きを読む
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
posted by たつや at 21:53 | Comment(0) | トルコリラ
2018年05月24日

後期流動性貸出金利ではなく、トルコ政策金利の5%利上げを望む

トルコリラ円は、もう辛抱できないので、損切しました。恐らく6月9日まではまだトルコリラ円は下がると予想したからです。
仕切り直しします。20円では押し目買いで復帰しますけど。

後期流動性貸出金利という、手段では、いまいち市場は納得していないので、半値戻しの利食いに負けてしまっています。
既に、先日の効能はもう効果なしとなっていますね。

トルコ政策金利を最低5%引き上げないとトルコドル安は落ち着かない。
と私もにらんでいます。
続きを読む
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
posted by たつや at 19:57 | Comment(0) | 為替取引

トルコ中銀の意地を見た緊急利上げ3%でトルコリラ円2円上昇

トルコ中銀の意地を見た緊急利上げ3%でトルコリラ円2円上昇しました。

とはいえ、22日の水準に戻しただけですが、これで、後期流動性貸出金利も市場の望んいている方向へいっています。

6日の利上げにも期待できそうです。

エルドアン大統領の強力な圧力に、反発し、どうせくびならば、男を上げてやるという、シムシェキ副首相の最後の一矢かもしれません。
トルコ中銀も踏ん張りました。

なにせ、エルドアン大統領は、利下げをするとインフラが落ち着くと勘違いしていますが、基本はトルコリラドルの下落が原因ですので、
トルコは日本と同じように資源を輸入に頼るほかないので、どうしてもドル高になるだけではなく、国際取引はドル決算なので、為替安は資源高ですからね。いま2年ほど前の倍ですので。

日本で言えば、1ドル、100円が200円になったようなもの。
こうなると、物価は倍とはいかないまでも、1.5倍くらいなりそうですからね。これはたまらん。

が、今回の緊急利上げでも、基本は抜本的な問題である。エルドアン大統領がやはり退陣しないことには、どうにもならないなぁと。
参加しています、応援クリック感謝
人気為替blogランキング
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
posted by たつや at 07:00 | Comment(0) | 為替取引
キャッシング