新着記事
2016年11月15日

ドル相場がついに暴走を始めた。

ドル高が止まらない状況になっています。全面ドル高で、定番だとFOMC後に為替が動くのですが、各主要取引所のAM、PM開始時間に合わせ、ロスカットを巻き込んで、ドル高が止まんねーというか、若干暴走を始めたようです。
続きを読む
為替FX人気blogランキング
posted by たつや at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替取引
2016年11月14日

103万円の壁ですが役所のパートさんも103万以下で調整されているじゃん。そこから改革?

いよいよ、配偶者控除の本格的な論議に入ります。
いままでも、小泉さんの時にも、議論されましたが、棚上げされましたが、安部の一億総生産の方針からようやく本格的に税制調査会で議論されますが、この問題実は、民間企業よりも、国家機関で働く、パートさんの問題の方が影響が大きそうです。

まず、論議されるのは配偶者扶養控除を撤廃してしまうのは影響が大きすぎる点で、次期選挙に影響するってこと。
そこで、収入のかさ上げ、150万とか言われていますが、これだと、税収入が減るという点。

現在、扶養控除が段階的に引き下げになっており、控除額そのものは実はすでに引き下げられているのですが、なぜかこれは、マスコミでは取り上げられません。おそらく、番組制作側のお偉いさんは年収一千万以上だからで、年末控除対象外ですからね。

まぁそれはおいておいて、パターンとしては、廃止、引き上げ、引き下げのようです。

が、どれをとっても、現在国の人員配置で、職員では対応できず、不正規雇用でも対応できないような、いわゆる事務補助としてパートさんが多数います。
そこで、続きを読む
為替FX人気blogランキング
posted by たつや at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

トルコリラ 対ドル円で市場最安更新

トルコリラでまたもや悲しい話があります。

ドル・トルコリラで市場最安値をまたもや更新しました。3.2940です。
およよです。

ドル高の影響です。
トルコリラもクロス円なので、基本は、ドルベースです。ちょっとややこしいかもしれませんので、少しクロス円について解説し、今後のトルコリラを占ってみましょう。
続きを読む
為替FX人気blogランキング
posted by たつや at 22:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | トルコリラ
2016年11月09日

トランプ大統領選当選で、プちトランプショック発生

トランプ大統領選当選で、プちトランプショック発生
p1.png
恐れていたことが起きました。
やはり、隠れトランプ派が多い状態でした。選挙集計直後からトランプやや有利で終始すすみ、トランプが16時30分には当確したのですが、選挙の状況に合わせ、為替チャートも変動しています。
続きを読む
為替FX人気blogランキング
posted by たつや at 19:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替取引
2016年11月08日

米大統領選マジカ。クリントン優勢で円安

もうしばらくすれば、恐怖のアメリカ大統領選です。

なぜ恐怖かといえば、過去類のない、最低の大統領を選ぶ、最も不人気投票ともいえる大統領選。
ここまで、両候補が嫌われた例もないとは思いますが、それでも、トランプよりはましだという世論からクリントン有利になっていますし、まがいなりにも元ファーストレディ、夫は元大統領なので、二人三脚で行けるのではという安心感や、いちおう、クリントンも国防長官を務めたので、それなりに手腕はあるという点でしょうか。

そう冒険はしないので、経済市場では、クリントンの方を歓迎しています。

一方、トランプさんですが、これは近年の、ネガティブ思考からの代表格ともいえる存在。
イギリスがユーロ離脱したように、イギリスがなぜかカルチャーな政党が幅を利かせるようになったのかという点は、アメリカにも同じような状態に陥っており、幸先がくらいという経済の背景から、トランプ氏のような過激な方をつい支持してしまうという状態になっております。


続きを読む
為替FX人気blogランキング
posted by たつや at 20:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替取引

米クリントンのメール問題でFBI追及断念で円安・ドル高へ

救いの神あらんことを。
現在の米政府および市場は、はよほどトランプを大統領にしたくないようです。ではなぜ代表戦までいってしまったのかってのが大きな問題ですね。

しかし、問題のトルコリラも33円台に戻りましたし、ドル円も1.4円以上開けてしかも窓ありでしたので、多少利益をだしつつ、含み損も減りました。ごっつあんです。

が、こわいのは、これからの米大統領選です。
何せ、イギリスのEU離脱の国民投票の例があるだけに、なるわけないだろうという中、2拓しかも、どっちも嫌な2拓という狭い選択股であるので、トランプの方が有利かもしれないということです。
続きを読む
為替FX人気blogランキング
posted by たつや at 01:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替取引
2016年11月05日

地獄のトルコリラ20161104 市場最安更新

ついにトルコリラ円とドル・トルコリラが史上最安の32。594円 ドルトルコはついに3.15の天井を破り3.158という未知の世界へ!!
トルコの政策金利は現在7,5%ですが、米が予定通り12月に金利を上げれば、金利差縮小からさらにドル高になりそうです(泣)
チャートですが、日チャートで次の通り。

jptry20161104無題.pngustry2061104.png
こんな感じです、泣。

実は私、トルコリラは38円以上安くならないと踏んで、20万トルコルラを38円で保有しています。
現在スワップ累計で60万になりましたが、含み損は、100万近くあり、圧倒的に損をこいてます。

じーとまつしかないこの状況。1日1400円程度スワップがつくものの、スワップでは相当元はとれましぇん。
なので、おこずかい稼ぎにFXブログ界にかえってきました。

あいかわらず、ドル円でせこせこ1500円程度の利ザヤで回数をこなす取引をしています。

どころで、トルコリラですが、なぜここまで安くなったのかを自虐的に考察してみます。
続きを読む
為替FX人気blogランキング
posted by たつや at 18:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | トルコリラ物語
2016年05月20日

ドル円の円安トレンドと沖縄問題について

米ドル円が110円台に定着し、市場も安定化してきました。
とある、候補者が、円安を誘導していると批判していますが、これはアメリカだけではなく、主に先進国で輸出が多い国はどの国も通貨安を前提とした、外交をしているわけで、カードのような方の発言に市場が耳を貸さないのはやはり必然といえます。

ところで、ですが、またもや沖縄にて、米兵系の方による犯罪が発生したわけですが、何が問題になっているのか、テレビ朝日を含め正確に報道していないため今回、自分の知見を持ってできるだけわかりやすく解説したく思います。
続きを読む
為替FX人気blogランキング
posted by たつや at 22:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替取引
キャッシング